王妃の白珠 アットコスメでは悪評?口コミまとめ

王妃の白珠の悪評が気になりませんか?アットコスメの口コミではどんな評価なのかまとめてみました

成分

王妃の白珠の成分は危険?詳しい情報はこちら

投稿日:2018年3月12日 更新日:

王妃の白珠の成分は危険?安全?

真っ白でシミやくすみのない美肌は女性が求める理想のお肌ですが、一度できたシミなどは美白化粧品を使ってもなかなか白くなってくれないものです。急いで美白したいときに役立つのが王妃の白珠です。

たった1度のケアでいつもよりスッキリして透明感ある白い肌が手に入ります。ピカ子さんなど美容のプロも絶賛する王妃の白寿ですがいったいどんな成分が入ってるのでしょうか?

こちらでは気になる成分について詳しい情報を紹介しています。

⇒王妃の白珠 輝肌パッククリームを77%でお試しはこちら

王妃の白珠はこんな成分でできている

沖縄の海泥くちゃ

王妃の白珠の代表的な成分というと【くちゃ】ですね。沖縄地方でしか取れない特別なくちゃはモロッコの泥モンモリナイトよりも微細でなめらかなクレイです。毛穴にラクラク入っていける極小サイズなので奥につまた汚れやいらないものを吸着して落とすので、黒ずみ毛穴やくすみが一度ですっきり。

汚れを落すだけでなく肌に必要な潤いをプラスするのでモチモチモッチリ。ミネラルたっぷりの海の恵みが詰まってるので安全です。

水溶性プロテオグリカン

ヒアルロン酸よりも130%も高い保水力を持ってるのが話題のプロテオグリカンです。発見された当初は1gで3000万円というとても高額で貴重な成分だったので化粧品に配合されるのは難しいものでした。研究が進んで鮭の軟骨から抽出されるようになり値段が下がったので化粧品に配合されることが多くなりうれしいですね。

保水力はもちろん、抗炎症と抗酸化という歯だにとってはありがたい働きが備わってるのです。鮭の軟骨が原料なので安全です。

サンゴ末

沖縄の海で採取されるサンゴの粉末を配合しています。サンゴ末もクチャのように皮脂や汚れを吸着する働きがあります。サンゴ末はカルシウムなどお肌に必要なミネラルが豊富に含まれています。食品にも添加されることがあるので安全です。

アロエベラエキス

昔から民間薬として利用されていたアロエには傷を修復する働きがあります。潤い成分もばっちり含まれてるので肌をプルンプルンにしてくれます。食べてもいいので安全です。

シークワーサー果皮

ノビレチンという特別な成分が含まれたシークワーサー果皮は注目されています。余分な皮脂をおさえ肌の老化の原因になる炎症を抑える抗炎症作用が備わっています。ニキビも予防するなど美肌には欠かせない成分ですね。

その他、ゲットウ葉エキス、ヨモギ葉エキス、もずくエキス、ハイビスカス花エキス。スクワレン、アーチチョーク葉エキス、イランイラン花油などの沖縄で取れる天然の恵みがいっぱい入っています。、

紫外線吸収剤や合成香料、合成着色料は使ってないので安心です。

⇒王妃の白珠77%OFFでお試しはこちら

王妃の白珠

-成分

執筆者:

関連記事

no image

シルトとは 王妃の白珠の成分情報

シルトとは   王妃に白珠の成分表を見ていたら【シルト】という成分名を見つけました。あまり見かけない成分なのでどんな効果があるのか気になり調べてみることにしました。   シルトとい …